カジノの主役「カジノディーラー」

最近、カジノディーラーということを聞きましたが、カジノディーラーとはどのようなものか、分からなかったので調べてみました。そこで、ネットで調べてみると、あるカジノスクールのサイトで、カジノの主役「カジノディーラー」という紹介をしていました。

 

そのサイトを見てみると、日本では、まだあまりカジノディーラーという職業は知られていませんが、海外では人気の職業ということでした。また、人気の訳は、ディーラーの技を一度身につけると、カジノの華やかな主役として、男性でも女性でも長く働き続けることができるからということでした。また、日本においても、カジノが合法化された暁には、諸外国で専門性の高いカジノディーラーが脚光を浴びているので、人気の職業となることは間違いありませんということでした。

 

カジノディーラーという職業は、現在、日本ではまだあまり知られていないので、ライバルもそう多くありませんということで、いち早くカジノディーラーの技能を習得し、一足人よりも先にカジノ界にデビューし、カジノの経験を積める絶好の機会ですということでした。また、日本でカジノディーラーとして活躍できる日を心待ちにして、あなたも近未来の花形職業のカジノディーラーに挑戦してみませんかという紹介をしていました。

一度はやってみたい運試しの場

カジノって響きからして高級そうで、お金持ちが興じる高級な道楽という感じがあります。私たち一般人が気軽に手を出せなさそうな思いがすると同時に、なんだか一攫千金ができてかつてないほどの巨万の富も手に入れられそうな魅力も持っていますよね。

 

日本ではカジノは非合法ではありますが、諸外国では普通に解禁されているところも多いです。一番有名なのがラスベガスのカジノでしょう。何度かいろいろな映画の題材になっているくらいですので、ほとんどの日本人は知っているカジノですが、極まれに数十億円もの当選を得たというニュースがあるあたり、捨てたものではないのでしょう。日本の近くではマカオのカジノが有名ですね。日本から距離が遠くないという利点があるからか、最近ある企業の重役が公費でお金を使い果たしていたというニュースがあったのも記憶に新しいです。

 

他に驚くべきところとしては日本と中国を結ぶクルーズ船内でカジノが営業しているという話もあります。公海上のみでの営業なので、決して日本の法律に違反していないというのが言い分ですが、なんだか法律スレスレなように感じます。しかし、乗れるものなら乗ってカジノでぜひ運試しをしてみたいですね。

 

日本では出来ないカジノを体験

日本でも構想が立ち上がっているカジノですが、様々な利害が対立するせいか遅々として進まないようです。東京オリンピックが決定したことにより、何かしらの変化が現れるといわれていますが同でしょうか。

 

現在のところ日本では体験できないカジノですが、海外に行けば楽しむことができます。私は船旅を楽しんだときにカジノを体験しました。船の中にカジノが用意されていたので、こちらで楽しんだのですが、やはり豪華で素晴らしかったと思います。ブラックジャックとルーレット、スロットを楽しんだのですが、一時期は儲かったものの結局は全て持っていかれました。残念ではありますが、こうした経験をつめたことだけでお金を払う価値があったと思います。

 

カジノが出来ると治安が悪くなるなどという人がいていますが、実際は異なるようです。日本国内にカジノが登場するかはこれからですが、素晴らしいエンターテイメントを日本でも楽しめる日が来ることを楽しみにしています。

 

一度はカジノを体験してみたい!

よく、海外ドラマを見ていると、カジノのシーンが出てくる時があります。カジノのシーンを見る度、一度ぐらいは、体験してみたいなと思います。カジノのあの豪華な雰囲気で、色々な賭けごとをしてみたいです。お金をかけた勝負なんて、とてもワクワクします。私は、勝負運が強い方なので、色々なゲームに参加してみたいです。

 

カジノをイメージすると、みんなキレイな衣装を着ている感じがします。よく女性は、ドレスを着ていたりするので、非日常的な雰囲気がカジノにはあります。

 

カジノでは、お金の使い方が、非常に大切になってきます。その場の雰囲気で、大金を損してしまう場合もあると言うことなので、冷静さが必要だと思います。

 

色々と、注意をしなくてはいけない部分もありますが、カジノには、夢があるなと思います。やっぱり、運によっては大金をかせげるかもしれないので、そのワクワク感がたまりません。いつか、カジノの本場のラスベガスに行って、実際にカジノを体験してみたいです。

オンラインカジノのメリット

私はギャンブル好きで若いころからかなりのいろいろなギャンブルをしてきました。ギャンブルで人生まで投げうつということではなくあくまで趣味がギャンブルという程度です。

 

しかし、若いころから合理的にギャンブルに勝とうとして研究もしてきました。ただ、ギャンブルについてはほとんどのギャンブルは控除率と言う名のテラ銭の壁を超えることはできません。それは控除率が高いからと言えます。たとえば中央競馬ではたいていのレースは25%の控除でありますから、安定的に勝つのは至難の業と言えます。

 

しかし、インターネットの普及によりオンラインカジノが表れてから潮流は変わりました。はっきりとデーターが出ているわけではないと思いますが、一般に言われているところによるとオンラインカジノの控除率は2から3%と言うことです。それでもテラ銭はありますが、そのくらいの控除であれば勝つ可能性が飛躍的に上がってたと言えるでしょう。
私がオンラインカジノを始めた理由がそれです。