二十年前、新婚で行ったマカオのカジノ

カジノは、昔、大昔のにじゅうねんまえです。私の新婚の時、シンガポールマカオでかじのにつれていかれました。ツアーの一貫ですが。実際、スロットと、トランプにようなモノで、コインをかけてやったんだろうと記憶しています。たしかに、博打を大きくとかんがえると、いやですが、本当に一万くらいのおあそびていどならば、気軽に出来ます。またマカオのような、観光資源としてカジノがあるという国は、韓国、マカオ、最近ではミャンマーです。

 

昔からの土地では、ラスベガスがありますが、アメリカ旅行をしているとき、タンパというところと、フロリダというところでスロットがありました。これも観光の場所を移動するとき、ヒマナジカンヲつぶすようにスロットなどがおいてありました。映画で良くアメリカンドリームといって博打で儲けるとか、こういう映像がいっぱい昔の映画やスロットマシンは映像に登場します。西武劇のガンマンとギャンブル、美人お姉さん、開拓当時の面白い映像ですね。

 

そういえばカジノといえば、ラスベガスでセミナーやショーをしている、テンコーさん。彼女がミャンマーの進出されたホテルを購入して、カジノ経営をするという話題が、昨年ありました。シンガポールでも観光用にこのようなものを、外貨稼ぎで行っていると思うと、観光は大変重要な資源であるのでしょう。まあ、こころのよゆうや、お金があれば別だけれど、夢があるといえばそうだが、現実を見ると、このような一攫千金のような、話しはありえないのですが、一回でいいので、宝くじに当たったりカジノで当たって親孝行できるくらいの、大金があればなあと、夢みたいなことも、現実を見ると、思えないけれど。