国内では、賭博行為が禁止されており、日本ではカジノは設置できないとのことらしいです。ただし、遊戯としてのカジノ、たとえば換金できないチップのやり取りであれば、法律に触れないようです。

 

詳しいことは、分かりませんが、賭博行為としてのカジノを私は賛成します。と言っても、私自身はギャンブルはやりません。パチンコも競馬も皆さん当たり前のようにやられていますが、私は一切やりません。得をするのは好きですが、それ以上に損をするのが嫌いであるからです。

 

現在、大阪市の橋本市長は大阪でのカジノの設置にむけて国と交渉をされています。ガジノにより大阪を活性化させたいということです。石原前東京都知事もそんなことを言って東京でのカジノ開設を検討していたようです。

 

私自身はギャンブルもやりませんし、カジノ自体にも興味はないのですが、もし本当にそれを設置することが街の活性化に繋がるものならば、ぜひやってほしいです。

 

ただ、気を付けなければならないのが、それにより、街が荒れたりすることのないようにしなければなりません。どうも私がギャンブルを敬遠するのは、損したくないというのもありますが、それ以上にギャンブルにハマっている人を生理的に受け付けないからだと思います。ヨーロッパでは競馬は紳士の遊びだと聞いています。カジノもそのようです。

 

ただ、日本では競馬に熱心な方の多くが、とても紳士のようには見えません。競馬新聞を握りしめ、赤鉛筆を舐めてる姿は筆舌に耐えません。

 

どうか、カジノの開設に当たっては、ヨーロッパ文化を受け継ぐ形であってほしいと思います。

カジノの導入賛成です -カジノの主役になろう!関連ページ

首相が大阪市長のカジノ構想に前向き
子供でも楽しめる健全なカジノを